2005年11月26日

悪魔でいいよ・・・

 増えたゾイドの格納場所を確保すべく、棚を整理。
意外となんとかなるもんだ。限界だと思ってたが、なんとか収まった。
サイクスがアーバイン仕様含めて計3機あるのは何故だろう。
安売りしてた時に調子こいて買ったんだっけ?
金色閣下に1機プレゼントすることにしてるんだけど、未開封もまだあった気が。
組済みと未開封どっちが希望ですか?と聞いてみる。

今週の熱血バトル魔法アニメ・魔法少女リリカルなのはA's

 久々に高町一家勢ぞろい。忍の出番は絶対になさそうだなぁ。
フェイトの髪型が微妙に違ってのは故意なのか、ミスなのか。
 はやてのお見舞いに予告無しで行ったら、
お約束のごとく当然フェイトとシグナム達が鉢合わせ。
 「にらんでねーです」と、不思議な言葉遣いをしつつ、
はやてに鼻を摘まれるヴィータが微笑ましかった。

 はやての為に涙を流しながら戦いの道を選ぶヴォルケンリッターたち。
こいつらの事情知ってるだけに辛いもんあるなぁ・・・。
炎の中から現れてヴィータに悪魔呼ばわりされるなのは。
たしかに敵にしたら悪魔のような感じだろうなぁ。
やることなすこと微妙に黒いとこあるし。

「悪魔でいいよ・・・悪魔らしいやり方で話を聞いてもらうからっ」

この瞬間、なのはは自他共に認める黒い子になりました。


 防御を捨てさらにスピードに特化したソニックフォームを装着するフェイト。
そういう尖がった考え方も俺大好きです。
つーか、フェイトの曲って本当格好良いなぁ。
サントラを俺に買えってことだろう。

 フェイトvsシグナムのやり取りは相変わらず熱くなる。
「こんな出会いをしていれば私とお前はいったいどれほどの友になれただろうか」
「まだ、間に合います・・・!」

「もう、止まれんのだ!」
「止めます。私とバルディッシュがっ!」
『yse,sir』

こういうやりとり大好き。

 なのはの呼びかけに闇の書の本当の名前を問われて揺らぐヴィータ。
このまま説得できるかなぁっていう気配を見せたとこでお約束のように勇者王のバインド。
フェイトが勇者王に一撃浴びせたと思ったら二人目!?分身とか魔法じゃなくて。
更にフェイト達だけじゃなくてヴォルケンリッターまとめてバインドかけるわ、
闇の書持ち出してシグナム達のリンカーコア奪いやがった。
 ちょっと待て。普通に存在消されてるぞ。
これでシグナム達の出番無しとかいうなよ?orz

 ダブル勇者王はフェイトとなのはをバインドした後で二人の姿に変化。
はやての目の前でヴィータとザフィーラを公開処刑。
残されたシグナムとシャマルの服が余計に哀愁を漂わせるし。
で、はやての心が壊れるのと同時に闇の書が完成してはやて覚醒。
闇の書の人格が現れて、はやての悲しみそのままに破壊の行動に移る、と。

 これが勇者王の描いたシナリオか。一人の正体はクロノ君の親父さんとして、
もう一人はグレアムのおっさんか。今回クロノ君がエイミィにも内緒で調べてたからなぁ。
と、思ったけど予告でクロノ君と普通に一緒にいるしな。
今後どう絡んでくるか。予告の見る限りクロノパパの正体は明かされそうだな。
闇の書の壊れた機能に洗脳されたとかそういうオチだろうか。



posted by しんおう at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9972894

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。