2006年08月19日

KID本社潜入レポ

 つーわけで龍刻体験会行ってきたのでレポートのようなものを。
一応書いておくと相当長いので全部読む気なら覚悟せよ。


 午前中は普通に7時には起きてまったり色塗り。
どーのか、こーにかベタ塗りまでは終了。
明日、明後日でどうにか完成させたいところだね。
自分で描いてみて改めてわかる集合絵のしんどさ。
 キリのいいとこまで仕上げて風呂入って散髪に行ってそのままKIDに向けて出発。
快速に乗って品川までぐっすり寝てました。
冷房の効きが微妙に弱くてちょい寝苦しかったがなっ!

 品川にて京浜急行線に乗り換え。
ちょうど来た羽田空港行きに乗る。
乗って数分もしないうちにやけにこの電車駅飛ばしていくなーと、思いつつ体験会案内を見る。

※立会川駅は、急行及び普通しか停車しませんのでご注意ください。

・・・・・・・・。
特快とか書いてあるのは目の錯覚じゃないね。

まぁ、なんだ。
とりあえず自分に対して一言嘲笑したい。


バカめ、と。


 とりあえず次の駅で降りて普通にて立会川へ到着。
駅を出て太陽に物申したくなる。

頑張り過ぎ。夏に頑張らなくていいからその分冬に頑張ってくれ。

そんな思いを抱きながらまずダレる。
この炎天下をより長く歩くのが嫌だったから大手町じゃなく立会川にしたけどその判断は正しかったね。
ってか、KID本社まではさほど迷わずに行けたけど道中に日陰がなくて本当にダレてた。

で、KID本社っぽいビル行って迷わず日陰に直行。
KID様に電話して入り口で立ってるとそのまままろんさん、雪ほたるさんと合流。
あー、ちなみにKID様への電話は俺→まろんさん→雪ほたるさんの3連コンボをかけたような気がしなくもない。
すぐに案内の方が下りてきて、他の参加者の方一名を加えてKID本社に進入。
まろんさんと雪ほたるさんが遠慮がちに入る中、一人物怖じしないで入ってましたね、俺。
勿論参加者メンバーの中で先陣切って。
客観的に見たらもうちょっと遠慮というか控えめに入れよと言いたいとこかもね。

本社に侵入するといきなりメモオフクッションのほたるが出迎えてくれました。
彩花じゃないのかと内心舌打ち(多分嘘)
一人づつ受付して体験会部屋へ。
美流のポップとか秘蔵のイラストとか線画がお出迎え。
俺一番乗りだって。たははーっ。
席は全部で6つ。置かれているコースターがいのりの席を選びました。(死
帰り際にそれもらえないかなーと期待してたのは俺だけじゃありませんでした。
 体験会用のROMはアイナ・ともかと他(マテ)の2種類のどちらかを選択してくださいと言われ迷わずアイナ・ともかを選択。
後で雪ほたるさんに聞いた話だとまろんさんも同じのを選択したらしく案内の人がもう片方のほうを誰も選んでくれないとかぼやいてたとかw
ゲームのほうは部屋に入った瞬間に各自で勝手に進めて良い形式。
ちなみにゲームを始める前に鉛筆で描かれた線画を食い入るように見つめたのは俺だけ。
ぬぅあ・・・どうしたらこんな綺麗な線を引けるのか是非ともご教授願いたい。
機会があった聞いてみたい。・・・・・・・どういう状況がそれに当たるんでしょうね。
ってかこの線画こっそり強奪した(ry

 プレイする際の注意事項としてゲーム内容が長いので先が見たい場合はスキップして進めてくださいとのこと。
先生、端から全部見たい自分はスキップしてプレイするということが一度もできませんでした。


orz

 
ゲームに関する感想は後でまとめるとして、とりあえずスキップなしでプレイ。
OPとかじっくり見たいとこだったけど、それは配布されてるので涙を呑んでスキップ。
音声もじっくり聞きたかったが、飛ばして黙読オンリー。

ここまで東京駅から千葉駅の電車の中でノートPC使って書いた。
まだまだ続く。
ってどんだけ時間かけて書いてるんだろうな。


 プレイ中にカツ丼(大盛り)の差し入れ。わはー♪
出来立てのほっかほっかだったので冷めない内にありがたく頂きました。
周りの気配からして、貰って即食べ始めたのは俺だけだったみたいだがなっ!
オートプレイにするとプレイ効率が悪いので左手にコントローラーと丼、右手に箸を携えてプレイしながら食べる。
雪ほたるさんにありえないみたいなこと言われました。
他の人は後でオートプレイにして食べてた気配。
そんなこんなで有難く美味しくカツ丼を頂きました。もちろん米粒一粒残さないのは基本。
でも、自分はともかく一般的な人はプレイしながら丼ものはキツイはずなのでサンドイッチとか片手で食べられるもののほうが良いんじゃないかと思いました。
ボクはお腹一杯食べたいので丼でもなんでも大歓迎です。
頂けるものは遠慮なく有難く頂戴いたします。
使ってくださいと言われて渡されたKID様特製のウェットティッシュ使えなかったの俺だけじゃないですよね?
次はメモオフの彩花希望してみる。

 17時くらいにまろんさんが帰る気配を感じつつ、アンケート用紙に感想を書き始める。
イニシャルで掲載するみたいなこと書いてあったけどぶっちゃけイニシャルじゃなくてHNでもいいんじゃないかなーと。
どっちでもいいといえばいいのだけど。
 そして終了時刻の17時半にてプレイ終了。
プロデューサーの柴田さんを始めとした龍刻スタッフの方々と挨拶。
コミケでお会いしたこたろーさんもおられました。
そのままスタッフの方々と軽い座談会に。

ちなみに自分のゲームの進捗。スキップ使わなかったおかげで17日の天咲とブランコで遊ぶシーンまでしか進めなかった。
もっとわかりやすく言うと共通ルート終わりませんでしたっ!!っていうと良い?
ここまでのストーリーだとともかはあんまり出てきませんでした。orz
スタッフの方が後ろで見てたらしくて一人の方に「終わらせてましたよね」っていうのを聞いてすげー、と思ってたらオチがつきました。

エンディングはエンディングでもバッドEND

ネタとしては充分ですねとスタッフの方々と笑いあってましたw
ちなみに午前の部参加の方が美流のポップと記念撮影を色々してたという話を聞いて雪ほたるさんにネタとしてやっていただきました。
もちろんバッチリ撮影済みです。
ちゃんと画像は雪ほたるさんに転送したのでしっかりとUPしてくれると思います。
っていうかしてくれなかったら俺がUPします。
こたろーさんが寒かったらこれ着れば良かったのにと仰って龍刻の制服を指差しました。
そのときには苦笑するしかなかったけど、今思えばSHIBAさんが居たら嬉々として着せようとしたんじゃないかな、俺は。
見たいかどうかで言えば怖いもの見たさ的な類なんだろうけど。


とりあえず以下今日プレイした龍刻の感想。
あくまで今日プレイしたところまでの感想なのであしからず。
一応ネタバレ対応のため、文字反転モード。
意味がわからない人はマウスを左クリックしたまま、下の空白部分をなぞると良い。

 序盤から戦闘が多いかなと思いきや、良くも悪くも学園の日常風景が延々と。
スタッフの方曰く、戦闘は共通ルートが終わってからが本番らしいので期待したい。
で、日常のほうはいつものKID作品っぽくって良い感じ。
やっぱ平穏な日常でキャラの特性を掴ませてプレイヤーに馴染ませるのは重要だと思います。
まぁ、こたろーさんとか他の参加者はアツシが喋ってるシーンはほぼスキップさせてたらしいですが。
俺はアツシ好きですよ?脇役キャラとして良い味出してて。
龍刻版信というところでしょうか。信より出番多い気もするけどでしゃばらない感じが良い。
 で、キャラの印象。
ツカサ:とりあえず女難の相が出てるというか、女の子(アイナ)に尻に轢かれてばっかですね、おい。
性格は優柔不断とか言われてるけど、一般的な思考(?)で好印象。
必要以上に熱血でもなければダメ人間でもないといったところか。
前世(?)でともかの兄で美流の恋人っぽい。覇流とは戦友か?
小さい頃は霊感みたいな能力があって妖とか見えてたらしいけど、それが元で苛めらてたらしく現在はその能力は封印中。
美流と会ったことで無意識のうちにその封印をときつつある?
あと、足を捻挫しすぎ。
そーいや、俺捻挫とかテーピングとかしたこと一度も無いな。

アイナ:ツカサの幼馴染。典型的な強気な幼馴染ヒロインタイプ。
美流とツカサの関係にやきもきしている姿が最高です。
オバケの類が嫌いだけどアツシのオカルト話を聞かずにはいられない難儀な性格。
ツカサとは喧嘩するたびに周りから夫婦喧嘩とからかわれる。
最初から出番多くていい感じ。
カラオケに行くのを渋ってたと思ってたらマイクを握ったら離さない方でした。

美流:ツカサの許婚っていう設定で居候。
ことあるごとにツカサと身体を触れ合わせるスキンシップをしたがるのでツカサの理性が毎度大ピンチ。
言葉どおりに受け取ると誤解を招きそうだなと思ったけど、あながち誤解でもないかもしれない。
ツカサの前世で恋仲だった?
性格はもの凄い天然で色々無自覚。
その無自覚さゆえにアイナやツカサを必要以上に疲れさせたりしてる気がする。
水の性質を変化(美味しくしたり、体力回復の効果を付与?)させたり気の力を使える模様。
夜毎にどこかに出かけて何かしてる模様。
最初から色々積極過ぎて戸惑うけどあそこまで思われるとやっぱり惹きこまれそうになるよね、と。
以下個人的推論。
ツカサとかは転生したっぽいけど、美流は何らかの方法でその時代から生き続けた模様(封印?とか冷凍睡眠みたいなものと思われる)
清少納言が憧れの人だったり、日常生活の現代に対する知識の無さがそれを裏付けている。

玖印ともか:一年生の転校生。ぶっちゃけよう、この子の出番多くなるところまで進めませんでした。orz
まぁ、それでも少しは出てきたんでその分くらいは書こう。
いきなりストーカーばりにツカサ達のおっかけやって目が会うとすぐ逃げたり、
「言いたいことあるなら出てこいやー」みたいにアイナがキレたらすぐ側に出現して物食べながら喋るのは男の子に嫌われますよと進言したり。
一日で校舎の配置を暗記したり。
俺なんて3年通ってもそんなことできなかったぞ。
飼育小屋の位置を聞いたときに変わった表情とか様子がグッド。
現在、龍刻ヒロインではアイナとこの子が俺内部でダントツの人気。
ちなみにゲーセンに突如として表れクレーンゲームの景品を大量に持っていた。
なんか色々不思議な子だけどこの子大好きです。

セツナ先生:KIDスタッフの方々では大人気な模様。
結構序盤から地味に出番が多くてびっくり。ともかよりも多いよ?

内海先生:いきなり辞めた担任に代わり赴任してきた先生。剣道部の新しい顧問に。
なんかその用意周到的な設定にきな臭いものを感じざるを得ない。
とはいえ、ゲームを進めた限りでは人の軽い、気の良い先生といったところ。



ま、ざっとこんなところでしょうか。
中途半端に終わったので続きが気になって仕方ない。
あと発売まで一ヶ月ちょいは長いなー。
こっそりディスク持って帰れないかなーと一瞬だけ画策したのは秘密だ。
発売日は翌日の朝までにアイナかともか編をクリアしてる自信があるね。
その日が仕事だろうとなんだろうと。ってか今までがそうだった。

それはさておきスタッフの方々の短くも楽しい会話を惜しみつつも終了の時間。

交通費とお土産を頂いて雪ほたるさんと帰りました。
受け付けに置いてあったクッションがほたるから彩花になっていて癒された。
ちょっと本気で欲しくなったのは秘密。

ちなみにほたるから彩花に変えた犯人はまろんさんらしいですよ?(雪ほたるさん談)
心の底からグッジョブと謝辞を勝手に贈りたい。
あなたのおかげでクッションを買いたくなりました。
一緒に彩花のバスタオルも購入してしまいそうです。


で、今回頂いたお土産。
0819.jpg

After Rainのポストカード3種&下敷き2種とかとか直筆サイン入りポスターとかその他色々盛りだくさん。
非常に豪華ですよー。
龍刻キャラの特大設定画はランダムらしいけど自分のはともか。
あえて言おう。

今回の賭けは俺の勝ちだっ!

彩花とほたるがあって何で唯笑の下敷きがないのとかいう突っ込みは禁句でしょうか。
まぁ、俺は彩花とともかでお腹一杯ですなのでAll OKですが。
ちなみに彩花のポストカードは3枚目で下敷きは2枚目。
とても幸せな気分です。はい。


雪ほたるさんは美流でこちらも雪ほたるさんにとっては当たりらしいです。
その後は二人で秋葉いってとらとかメロンとかK−BOOKSとかブキヤをはしごしました。
俺は何も買わなかったけどねっ!

そんなこんなでKID本社潜入会もとい、龍刻体験会は非常に楽しく過ごさせてもらいました。
KIDスタッフの方々マスターアップおめでとうございます&ありがとうございました。
またこういうイベントがあれば是非是非参加したいと思います。
午前、午後とか分けずに一日中とかw

あと、こんなアホの子みたいに長い文を読んだ方もお疲れです。

龍刻のイラストはまた後ほどー。
posted by しんおう at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。